【会員募集中】2024シーズン定期公演 カペラ友の会

posted in: コンサート, ニュース | 0


2024シーズン 定期公演
「カペラ友の会」会員募集中

ルネサンスの名曲を最高のアンサンブルで
6月7日(金)・10月25日(金) に開催する
2回の定期公演をセットにして、お聴きいただけます。

締め切りは6月7日(金)まで。公演会場でもお申し込みできます。

●お申し込み・お問い合わせ事務局

フォンス・フローリス
>> お申し込みフォームはこちら
070-4123-0871 (平日10時〜17時) contact@fonsfloris.com
ご寄付は随時受け付けております。お申し込みフォーム または 上記の事務局まで、お申し出ください


●友の会 会員は2種類

【通常よりお得】
● 定期会員 8,500円
カペラの2回の定期公演をお得にお楽しみいただけます。
定期公演2回分の前売一般チケット料金(4,600円×2回)よりも700円安くなります。

【活動を支える】
賛助会員 1口 12,000円

カペラの2回の定期公演を楽しみながら、寄付で支えませんか。
継続的な演奏活動のために、ご支援をよろしくお願いいたします。

●対象の2公演はこちら

会場はどちらも、カトリック関口教会 東京カテドラル聖マリア大聖堂です。

ヴォーカル・アンサンブル カペラ 24定期公演 1】
マショーのノートル・ダム・ミサ

~グレゴリオ聖歌とポリフォニーによる典礼形式の演奏会

日時:2024年6月7日(金)19時15分 開演(18時30分 開場)
会場:カトリック関口教会 東京カテドラル聖マリア大聖堂

グレゴリオ聖歌 聖母のミサ固有唱
Gregorian chant, Proprium missae de Beata Maria Virgine

ギヨーム・ド・マショー Nicolas Gombert (ca.1495-ca.1560)
ノートル・ダム・ミサ La messe de nostre dame
モテット
「幸いなおとめ」“Felix virgo”
「けがれない御母」”Inviolata genitrix”
「あなたに嘆息します」”Ad te suspiramus”

不思議な和音や、細やかに掛け合う中世ならではの手の込んだリズムの連続。
4人の男性歌手が各パートを1人ずつ演奏、交互に女声による聖歌隊が聖母ミサのグレゴリオ聖歌を典礼の形式で演奏します。どうぞご期待ください。

ヴォーカル・アンサンブル カペラ 24定期公演 2
デュファイのミサ《ロム・アルメ》
~グレゴリオ聖歌とルネサンスポリフォニーによるミサ形式の演奏会

日時:2024年10月25日(金)19時15分 開演(18時30分 開場)
会場:カトリック関口教会 東京カテドラル聖マリア大聖堂

グレゴリオ聖歌 諸聖人のミサ固有唱
Gregorian chant, Proprium missae in festo ominum sanctorum
ギヨーム・デュファイ ミサ《ロム・アルメ》
Guillaume du Fay (1397-1474), Missa “L’homme armé”

初期ルネサンスの巨匠デュファイの没後550年記念!
講演会、連続講座、デュファイ祭特別バージョンなども同時開催の予定です。

●チケットの受け取り方

公演チケットは、入会時に登録したご住所まで郵送いたします。
公演直前のお申し込みの場合は、会場受付にてお受け取りください。


●共通の会員特典について

1.会員優先席
最前列と2列目は、早くからお並びいただいた定期会員の優先席です。
*会員優先整理券を公演の当日に配布します。

2.主催公演の割引販売
フォンス・フローリス主催公演やカペラ定期公演事前レクチャーや関連公演チケットを
割引価格でご購入いただけます。(会員ご本人様1名分のみとさせていただきます)

3.非売品CDを贈呈
ヴォーカル・アンサンブル カペラのライブCD(非売品)を1枚贈呈します。

4.プログラムにご芳名を記載
匿名希望の方は、お申し込み時にお知らせください。

●ヴォーカル・アンサンブル カペラ
 vocal ensemble Cappella について


Superius:鏑木綾 佐藤裕希恵
Contratenor/Tenor:金沢青児 櫻井元希 富本泰成  柳嶋耕太 渡辺研一郎
Bassus:谷本喜基 松井永太郎
Maestro di Cappella (音楽監督):花井哲郎

 1997年古楽演奏家花井哲郎が、古楽に取り組む声楽家たちと共に結成。主なレパートリーはグレゴリオ聖歌、及びフランス・フランドルを中心としたルネサンスの多声音楽(ポリフォニー)です。典礼の形式を尊重し、歴史的な“計量記譜“を使用する演奏法にこだわり、アカペラの柔らかく豊かな響きで宗教作品の気高い精神性を歌い上げます。特にルネサンス音楽の巨匠ジョスカン・デ・プレには力を入れ、全ミサ曲と全モテットを没後500年となる2021年までに演奏しました。クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVAのジングルを担当。2015年第27回ミュージック・ペンクラブ 「室内楽・合唱音楽部門賞」 受賞。 最新CDはジョスカンの没後500年を記念するシリーズ8作目 「ジョスカン・デ・プレ ミサ曲全集 第8集 カノンのミサ」(レグルス)。ストリーミング配信や、 全国のCDショップにて絶賛発売中です。

公式Webサイト cappellajp.com
X(twitter) @cappellajp
facebook @cappella.jp


ヴォーカル・アンサンブル カペラ 2024定期公演1 マショーのノートル・ダム・ミサ~グレゴリオ聖歌とポリフォニーによる典礼形式の演奏会

posted in: コンサート, ニュース | 0


ヴォーカル・アンサンブル カペラ 2024 定期公演 1

マショーのノートル・ダム・ミサ
〜グレゴリオ聖歌とポリフォニーによる典礼形式の演奏会

日時:2024年6月7日(金)19時15分 開演(18時30分 開場)
*開演20分前より音楽監督の花井哲郎による説明があります

会場:カトリック関口教会 東京カテドラル聖マリア大聖堂
公式webサイト 交通アクセス https://catholic-sekiguchi.jp/contact/access/

チケット料金【全席自由】

● 前売・一般席 4,600円(税込)
● 前売ペア席 8,500円(税込)
● 学生席 2,500円(税込)
● 当日 5,100円(税込)
● カペラ友の会へのご入会で 6月本公演・次回10月定期公演 チケット2枚を差し上げます
*会員優先席あり
*学生券を購入された方は入場時に学生証をご提示ください
*前売ペア券は二人同時にご入場ください

● e+(イープラス) https://eplus.jp/sf/detail/4060280001-P0030001P021001
● コーラス・カンパニー https://choruscompany.com/concert/240607cappella/
● 東京古典楽器センター (「JR 目白」駅)  03-3952-5515 交通アクセス
● サンパウロ(「JR 四谷」駅前)03-3357-8642 交通アクセス
カペラ友の会については こちらのページをご覧ください

配信チケット料金

【公演当日から6月21日(金)まで、2週間】
● 配信チケット 2,500 円(税込)
● 応援チケット 5,000 円 (税込) 
*いずれもシステム手数料 220 円(税込) が別途かかります
WOOMO(ウーモ)
https://www.woomo.jp/products/detail/2879

曲目

グレゴリオ聖歌 聖母のミサ固有唱
Gregorian chant, Proprium missae de Beata Maria Virgine

ギヨーム・ド・マショー Guillaume de Machaut (ca.1300-1377)
ノートル・ダム・ミサ La messe de nostre dame
モテット
「幸いなおとめ」“Felix virgo”
「けがれない御母」”Inviolata genitrix”
「あなたに嘆息します」”Ad te suspiramus”

演奏 ヴォーカル・アンサンブル カペラ

マショー : 富本泰成 渡辺研一郎 櫻井元希 谷本喜基
グレゴリオ聖歌隊 : 相澤紀恵 鏑木綾 小林恵
Maestro di Cappella (音楽監督):花井哲郎

お問い合わせ事務局

フォンス・フローリス
070-4123-0871(平日10時 -17時) contact@fonsfloris.com


主催 株式会社フォンス・フローリス


カテドラルにふりそそぐ、中世フランスの響き。

自然の女神と娘たちから祝福を受けるマショー(部分) ルネサンスの時代、音楽作品の代表的なジャンルはいうまでもなくミサ曲ですが、中世における先駆けとなったのが14世紀の音楽家マショーによるノートル・ダム・ミサ(聖母のミサ曲)です。キリエに始まるミサの「通常唱」といわれる部分すべてがひとつの作品として作曲されており、1人の作曲家が作る「通作」ミサ曲として最も古いものです。マショーに特徴的な不思議な和音や細やかに掛け合う中世ならではの手の込んだリズムの連続に、ルネサンス以降の音楽とは全く異なる趣を感じることでしょう。この傑作を各パート一人ずつ、4人の男性歌手が演奏します。これらと交互に女声による聖歌隊が聖母ミサのグレゴリオ聖歌を典礼の形式で演奏します。ご期待ください。([左図]自然の女神と娘たちから祝福を受けるマショー(部分))


演奏 ヴォーカル・アンサンブル カペラ vocal ensemble CAPPELLA

1997年古楽演奏家 花井哲郎が、古楽に取り組む声楽家たちと共に結成。主なレパートリーはグ
レゴリオ聖歌、及びフランス・フランドルを中心としたルネサンスの多声音楽(ポリフォニー)です。典
礼の形式を尊重し、歴史的な”計量記譜”を使用する演奏法にこだわって、アカペラの柔らかく豊か
な響きで宗教作品の気高い精神性を歌い上げます。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVAのジングルを担当。2015年第27回ミュージッ
ク・ペンクラブ「室内楽・合唱音楽部門賞」受賞。最新CDはジョスカンの没後500年を記念するシ
リーズ8作目「ジョスカン・デ・プレ ミサ曲全集 第8集 カノンのミサ」(レグルス)。ストリーミング配
信、全国のCDショップにて絶賛発売中。
公式サイト cappellajp.com / twitter @cappellajp / facebook @cappella.jp

会場へのアクセス

カトリック関口教会 東京カテドラル聖マリア大聖堂

東京都文京区関口3-16-15
ホテル椿山荘の前
公式webサイト 交通アクセス https://catholic-sekiguchi.jp/contact/access/

【地下鉄で】
東京メトロ有楽町線「Y12 江戸川橋駅」1a 出口より
徒歩約15 分
※エレベーター出口もあります

【バスで】
JR 山手線「目白駅」より・・・都営バス白61系統「新宿駅西口行き」
JR 山手線「新宿駅」より・・・都営バス白61系統「練馬車庫前行き」
→ どちらも「ホテル椿山荘東京前」下車徒歩1分

【新型コロナウイルス感染予防に関するお知らせとお願い】

 公演開催に際し東京都やクラシック音楽公演運営推進協議会によるガイドラインに従い、新型
コロナウイルス感染拡大予防策を引き続き実施しますので、ご協力のほどお願い申し上げます。
・マスク着用は来場される方の判断といたします。
・なお、発熱・咳・倦怠感等症状のある方は、ご来場をお控えください。

vocal ensemble Cappella
“La messe de nostre dame”
Medieval music concert

Date: 2024/06/7 (fri.) 19:15 (Opening: 18:15)
Venue: St.Mary’s Cathedral Tokyo(Tokyo Cathedral)
access https://catholic-sekiguchi.jp/contact/access/

Programme:
Gregorian chant, Proprium missae de Beata Maria Virgine
Guillaume de Machaut (ca.1300-1377)
La messe de nostre dame
Motets
“Felix virgo”
“Inviolata genitrix”
“Ad te suspiramus”

Price(includes tax):
advance Ticket 4,600JPY
2 advance Tickets (“pair ticket”) 8,500JPY

Student discount 2,500JPY
*you will need to show your Student ID

door 5,100JPY

Buy Tickets:
e+ (e plus) https://eplus.jp/sf/detail/4060280001-P0030001P021001
CHORUS COMPANY https://choruscompany.com/concert/240607cappella/
CASA DE LA GUITARRA (JR Mejiro-eki) http://www.guitarra.co.jp/eigyou.html
St. Paulo Tokyo Mission Center (JR Yotsuya-eki) https://www.sanpaolo.jp/shop

Buy Streaming Tickets:
woomo(for use in Japan only)
https://www.woomo.jp/products/detail/2879

Streaming Ticket 2,500JPY
“support for Cappella” Streaming Ticket 5,000JPY

Vocal ensemble Cappella
Machaut : Yasunari Tomimoto, Kenichiro Watanabe, Genki Sakurai, Yoshiki Tanimoto
Gregorian chant : Kie Aizawa, Aya Kaburaki, Megumi Kobayashi
Maestro di Cappella (Music director) : Tetusro Hanai